2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.11.10 (Sat)

ヨシヒコ

テレ東のドラマ「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」を毎週楽しみにしています。
前作「魔王の城」は途中から観たので、さかのぼって全話見ました。

勇者ヨシヒコと魔王の城 DVD-BOX(5枚組)勇者ヨシヒコと魔王の城 DVD-BOX(5枚組)
(2011/11/25)
山田孝之、木南晴夏 他

商品詳細を見る


ドラクエマニアには小ネタも面白いし、安定のボケも面白い。
人によってはマンネリと感じる人もいるようですが、「変わらない良いものを」を続けるというドラクエにも通じる姿勢は個人的には好きです。

もうメレブ(ムロツヨシ)の話し方がつぼにハマッてしょうがないですね~。
ほんと適役!

ていうか第二弾になってから、鍵もろくな探しかたしてないし、よくわからんエピソードばっかりですよね(笑)
てかそれすら本家ドラクエっぽい。(町に行ってはいろんな人助けしたりとかで全然進まない)

今週はまさかの金八ネタ。
このクオリティで現代ネタとドラクエRPGがネタが融合するって、なんて奇跡!!
金八先生とドラクエのコラボを実写で観れるって、ファンには涙もの。腹がよじれました。
生きてて良かった。「何も考えないでとにかく笑える」って創作エンタメの頂点だと思う。

それにしても、山田孝之ってかっこいいけど、決して美形っていう感じでもないのに、
やっぱりなんであんなにかっこいいと思うんだろう!!
OPのまっすぐな目力に毎回どきどきしてます(笑)ムラサキもダンジョーも好き☆

今日の一曲 エボ☆レボリューション/ミヒマルGT
OPに関しては前回のがすごい好きです~
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:56  |  non タイトル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.02.25 (Sat)

戦国無双

三国無双と無双OROCHIをひととおり、やりつくしたのもあり、今度は戦国無双を借りたので、暇なときにやってます。

早速お市でプレイ。
なにこの浅井長政との切ない話は!?ムービーがめっちゃキレイだなあ。
長政イケメンすぎて、…お市同様、長政様を倒すなんてできないー!とか思ってたら、殺されそうになったので、倒しました。わーー切ない…。

あっと言う間にクリアしてしまったので、次は三成。リ、リーチがないから届かない!若干手がつかれる!
ってことで、やっぱり初心に帰って幸村にしました。
城攻略は…人質がどこにいるかさっぱりわからなくてトラウマになりますなー
助けられなくてすみません…


無限城は、ある程度までしか無理~。戦国無双、ほかの無双と同じように面白いけど、フィールドが少なくて何度も同じ戦いやるはめになるのがちょっとあれかな?
何度小田原城を攻め、一夜城を築き、姉川を渡ったか(笑)



ハマってて面白すぎる。俺っていう陸遜とさわやかな三成がすごく嫌だ(爆笑)


今日の一曲 小沢健二/戦場のボーイズライフ
02:23  |  non タイトル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.10.01 (Sat)

仁 最終回の咲さんのてがみ。

日曜劇場「仁―JIN-」が最終回を迎えました。

現代の医者が幕末にタイムスリップするというお話。
設定からして難しい、調理方を失敗すれば駄作になるのは必至。
どんな風になるのかと蓋を開けてみたら、予想外にすばらしい出来!

役者さんの力が大きいと思いました。
大沢たかお、綾瀬はるか、中谷美紀、内野聖陽、説得力のある素晴らしい演技で歴史ファンタジーに引き込まれてしまいました。

ただ気になったのが、タイムスリップネタ(現代の仁の恋人の未来が写真から消える)とホルマリン漬け赤ちゃん。
説得力のあるドラマになるほど、完全にファンタジーであるこれらの着地点が危うくなる。
実際第1シーズンでは、これらに解決はつきませんでした。

そして第2シーズン最終回。ついに結末が決まります。
原作では仁は江戸時代に残って、咲と一緒に歴史に名を残すそうです。(そもそも原作に未来はいない)

………

以下ネタバレなので追記です。
15:24  |  non タイトル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.10.09 (Sat)

舞台「カエサル」

松本幸四郎主演舞台「カエサル」を見てきました。(原作塩野七生のローマ人の物語)




面白かったです。さすがは松本幸四郎。彼扮するカエサルが演説する場面で何度も出てくる「urrrrrrrローマァァ」の巻き舌が圧巻でした。
原作読んでかないとorまたはこの辺りの歴史に詳しくないと意味さっぱりなぐらい固有名詞と長い長い早口台詞が連発されるので、また場面が時間軸たまに飛んで演じられるので、観にいく方は多少の予習をおすすめします。

演出が非常に好みでした。影絵を使った集団扇動の場面とか、たまーに入るぼけとか。
大作歴史戦乱時代ものではあるんですが、チャンバラシーンはほとんどなく、心理戦です。落ち着いてみてられます。


以下ネタバレありますので注意。

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

00:18  |  non タイトル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。