04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

フォレスト・ガンプ

2013.06.13 (Thu)

フォレスト・ガンプ。言わずとしれた名作です。

ふと見たくなって、借りてきました。

一番最初に読んだのは小学生のときに小説を。(これと、ライ麦畑を同時に図書館で借りたのをよく覚えてる)
その後、テレビ番組を録画したのだけど、なんか忘れてしまい…



ものすごく新鮮な気持ちで見ました。

いやートムハンクス、変わらないわ~。すごい俳優さんですね。
走る、とベトナム戦争と、エビ漁船、てのはずっと覚えてたんですけど、………
卓球とジェニーのことは忘れてました。

ジェニーって最後そうだったんだ、とちょっとショック。
普通に大団円のハッピーエンドだと思ってた。

大人になって観たからか、なんかすごく、主人公ガンプのひたむきさに心打たれ、ダン中尉の悔しさや、上手に生きれないジェニーの生きざまにすごく共感。

人生ってなんなんだろう、って思ったときに、とりあえずそのまま、心のままに、信じたい人の言葉のその通りに生きていけばいいのかなって、ふっと心の荷物を軽くしてくれる名作でした。

そういう人生をアメリカの名場面をちりばめて描く、ロバート・ゼメキス監督はやっぱりこの作品が最高ですなあ。
この作品も何度も何度もみたくなる作品です。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

23:25  |  映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

モーツァルトとクジラ

2013.06.12 (Wed)

原作を読んだのはこちら

映画は原作よりもライトなラブストーリー。
決してライトというのは軽いという意味でなく、軽快という意味。
原作は原作としてヘヴィー。
そして、映画版は…
思った以上に…… 良かった 

ドナルドとイザベルが、ほんとにまっすぐでピュア。
何よりクジラの着ぐるみが!!思った以上にラブリ~~!!

モーツァルトとクジラ [DVD]モーツァルトとクジラ [DVD]
(2007/06/29)
ジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル 他

商品詳細を見る



アスぺを抱えた二人の行動がね、もーすっごいわかる。
イザベルの自由で衝動的な派手な行動、と同時に相反するドナルドの普通でありたいという行動、わかる…。特に。

イザベルのドナルドのプロポーズを全力で断るところ。

めっちゃわかる。

そして、ドナルドがみんなの静止をふりきって、イザベルの元に行ったときのイザベルの一言。

なんで電話してこないのよー!嫌いになったと思うでしょー!

めっちゃわかる。

すごくうれしい、楽しい、ほんわりする、とてもよい映画でした。
また、アスぺの仲間たちがすごくいい~!ドナルドを励ますときなんか涙が出そうになったよ。

落ち込んだら、見直したい素敵な映画でした。原作からここまでよくかわいくしたな。ほわーんとできます。

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

23:05  |  映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

聖★おにいさん

2013.05.23 (Thu)

先々週西新井大師に行きました。そしてついで西新井アリオの映画館へ。
森山未来君が大好きなので、彼がイエスの声をやるというまさかの展開に、ほんとは映画館まで行くつもりはなかったのですけど、観にいってしまいました。



原作はちょいちょい読んでます。
うん、なごむなあ~。

友達は「テレビでいい」と言う辛口評価で、まあ確かにそれはそうだったんですけど、(爆)こう、なんていうか、日本の通常の穏やかな生活っていいよね。

あとね、あらためて思ったのが、イエスとブッダの生活って、なんか理想にカップルというか夫婦なんじゃないだろうか、ということ。
BLとかでは決してありませんよ!
なにがっていうとですね、

違う信仰を持つ違うふたりが、お互いの違いと、同じく通じるところとを素直に認めて、ボケたりツッこんだりできる。相手のいやそうなことを避けて、喜ぶことを企画してあげる。

これですよ、これ。男女でいうと最高の関係じゃないですか!?
これぞ理想のカップルのあり方、と力説したら、「同性だからできるんだよ」と一蹴されました。
そうかなーこういう風になりたいなー。

今日の一曲 星野源/ギャグ

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

00:15  |  映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ベルセルク 黄金時代編Ⅲ 降臨

2013.04.04 (Thu)

いろんな都合のせいで遅れましたが、ちょっと前にやーっと観れました。




原作つきの作品の映像化は、もともとのファンがいるだけに、どんなにやっても評価が分かれることは至極当然だと思います。

私は、教えてもらってアニメを観て原作を読んで、という流れなので、原作読んでアニメ観てという人よりは思い入れは違うとは思いますが、ここは素直に、感じたことを述べるとすると、

大 満 足 でした

前回のⅡ ドルドレイ攻略の戦闘描写とグリフィスとガッツの心情の描き方がとっても良かったので、でそのあと原作を読んだので(原作はさらにツボに入りすぎた)、Ⅲは絶対に観たいと思ってました。 Ⅱの感想はこちら

ただ惜しむらくはどうしても時間枠。
カットされたシーンがとても多く、原作を読んでとても見たかったあのキャラのシーンはあっさりでした
その代わり、これでもか!とグリフィスの堕ちてく過程と表現が丁寧です。

私は憧れるのはガッツだけど、感情移入してしまうのは明らかにグリフィスの方なので、もう心臓が掴まれたようにぐりぐりされてる気分でした。観たあと、ほんとに疲れた(笑)
一緒に観てくれた友達(初めて観る)も、「次はどうなっちゃうんだ」とすごい疲れた、と言ってました。

あとアニメではカットされてた?髑髏の騎士がかっこよかった~!
ゾッドとの対峙シーンは巨大画面でみると本当にヤバい迫力で鳥肌たってしまった。

この後詳しいのはネタバレするので追記で。長いので注意!

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

21:28  |  映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

クラウドアトラス

2013.03.21 (Thu)

「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟監督(なんか兄のほうは性転換して女性になったらしい…)のSF大作、輪廻転生で6つのエピソードからなる壮大な物語。

設定でまずわくわく。気になってたので早速観に行ってきました。


ネタバレしない程度に感想を。
3時間に及ぶ、壮大な話を観終わって。
むーどうやら、私は勘違いしていたらしい。6つのエピソードが華麗に1つにつながって帰結していき、そうだったのかー!とカタルシスを得る叙事詩的作品だと思っていました。

けど、そういう話ではなかったです。

確かに6つのエピソードはたまに時代を超えて、別の時代に形を残していくものもあるけれど、基本的には直接一つに繋がってるわけじゃない。(個々に直接繋がってるのもありますが)

いろんな場所、いろんな時代で間接的に人間は同じことを繰り返している、というぐらいの示唆が、逆にじ~んときました。
同じ役者がそれぞれの時代の登場人物を演じることで、生まれ変わりを表現してます。
確かにそのほうが妙に現実っぽいし。

6つの話の中でも、ネオソウルと、クラウドアトラス作曲のエピソードが突出して良かったなあ。
この2つは独立した話で1本映画作れる気がする。前者はペ・ドゥナがすごいかわいいし、後者はフロビシャーとシックススミスの自由と友情を象徴した、陶器を割るシーンが、最高に美しかったです。



あー予告見直しただけでも、新たにわかることある!これすっごい親切な編集になってる!
DVD出たら、細かいとこチェックしながらもう1回みよー。2回めはすごく楽しめそうSF好きには特におすすめです。

今日の一曲 duft pank /one more time

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

00:00  |  映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。