12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

平清盛 #1ふたりの父

2012.01.09 (Mon)

さて、始まりました清盛第1話!天地人のとき飽きてしまって10話いかずにレビューできなかったので(笑)
今年は面白ければ続けたいと思います。

さてやりたい放題好き放題という印象の第1話。

中井貴一は私の中では頼朝なんです!!
のっけからですが、役者さんのイメージがいろいろかぶる…
数年前にやったタッキー義経のツンデレ兄貴、頼朝のイメージなので、忠盛のキャラがまたそっくりでいやな先入観で見てしまいました。でも、すごく素敵な演技!やっぱりさすがな役者さん。観終わる頃にはすっかり忠盛になっいました。(私が単純なだけ?


そういえば伊東四朗の白河院。こんな役もどっかで以前やってましたよね?忘れちゃったけど…吹石一恵も新撰組!で出てたしもはや常連。為義、岡田将生ナレーションで「源氏がなめられてたんではなく、この祖父がなめられてたと思う」といきなり言われて出てきた小日向文世。ちょっと前の龍馬伝でかっこよくたんかきってた勝先生がこんなヘタレに。かなりのデジャヴュ。

吹石一恵、すんごいいつにも増してキレー!!
舞子がすごく素敵な女性でした。あんなに弓矢を受けて亡くなった女性を見たのに初めてかも。
今年のNHKは本気だ…(ごくり)
鬼畜白河院、彼女を孕ませといてあんな冷たい仕打ち。それを優しく見守る祇園の女御の松田聖子が意外と演技上手い!雰囲気とか表情とか、個人的にはとても自然で素敵でした

話は戻って、平太の子役が松ケンに似てますねー。目のあたりが特に。
海賊平定のシーン。
忠盛、海にもぐって海賊の船に瞬時に現れ、たった一人でジャックスパロウばりに海賊をとっちめるスーパーお父さんです。海賊船の下からぬおーっと現れたときはどうみても海坊主でした。
気合入ってるなー(目指してる方向は謎だけど・笑)

でもこの荒々しい雰囲気がいいな。暗い時代かも知れないけど、明るい空気がする。
それは明治時代と共通のもので、何かに立ち向かい新しいことをするのに立ち向かうエネルギーが溢れているとき、つらい事件や経済の時代だとしても世相は明るい感じがする。

今回の大河は、荒々しく明るいエネルギーに満ちている気がする!!
なんだかジャンプの漫画みたいに熱い展開!!
第1回楽しめました。とりあえず次も期待です★
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

21:20  |  平清盛  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。