01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ヒストリエ

2013.02.23 (Sat)

これ、大好きだ!お気に入りの漫画が増えました!!
これも気になってたけど、読んでなかったやっと読めた作品。

ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)
(2004/10/22)
岩明 均

商品詳細を見る


主人公は古代ギリシアを舞台に、アレクサンドロス大王に仕えたカルディアのエウメネス(実在の人物)
謎の多い人物で歴史書にもたまにしか登場しない文官ですが、かなり評価が高く軍を率いての才能も褒められている。ディアドコイ戦争にてかなり歴史に登場してくることになる。

日本史大好きですが、実は世界史も好きです。
高校のとき、読書感想文をホメロスの「オデュッセイア」で書いて、校内で賞をいただいたちょっとした自慢あり。

現在7巻で、エウメネスがマケドニアで正式に任官されたところ、そして若きアレクサンドロスのミエザの学園の青春の日々が描かれています。

創作であるというエウメネスの出目とカルディアでのエピソードが秀逸すぎて、エウメネスを一気に好きになってしまいました。特出した能力とスキタイの残忍さを持つ、ふだん飄々とした人間でありながら、子供のころのエピソードが泣ける…やっぱりすごい。主人公に魅力は大事。(実写化するなら大沢たかお、これ絶対おすすめ)

構成もすごい。無駄な人間関係がひとつもない。エウメネスの知略で難所を切り抜けるところは毎回すごいわくわくしてしまう。

やっぱり私は軍略ものは特に好きらしい(笑)

そして7巻で驚いたのは、アレクサンドロスとヘファイスティオンの関係をそう漫画にするかーー!!というものすごいわくわくするしかけが!!
これは名作だわ…続きがきになるーーー!!
面白い漫画を時間を気にせず読んでるときが一番幸せ

岩明均といえば、「寄生獣」で有名な作家さんですが、これは「寄生獣」も読んで見たいと思いました
スポンサーサイト
01:16  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。