スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

メアリー&マックス

2013.03.03 (Sun)

クレイアニメというのをご存じでしょうか?
昔の作品でいえば、ピングーで有名のような、粘土の人形たちが動き回る世界のアニメーション。
オーストラリア出身のアダム・エリオット監督がアカデミー賞をとって、次に発表し、世界の国際映画賞で高い評価を得た作品、それがこの「メアリーとマックス」。

メアリー&マックス [DVD]メアリー&マックス [DVD]
(2011/11/02)
フィリップ・シーモア・ホフマン、トニ・コレット 他

商品詳細を見る


2011年に発表され、恥ずかしながら、知ったのは昨秋で、やっとレンタルやさんで借りてきました。
両親の愛に恵まれず、孤独に育った少女メアリーと、アスペルガー症候群である中年男マックスの、偶然始まった文通からの友情。実際にあった話だそうです。

観てみると……非常に観ててつらい作品でした。これはnot子供向け。大人向け。
これは完全に個人的な嗜好ですが、全体のキャラクターのデザイン造形がちょっときつかった。
外国アニメのほりの深いキャラ絵がもともと私、苦手でした(観る前に気付け・笑)
笑いをとるところも、母のアル中描写とか、シュールすぎました…。

内容は、すごい奥深いもので、じんわりしみじみきました。
アスペルガーと診断されたマックスの行動の特徴。(以下ネタばれなので追記です)
スポンサーサイト
20:00  |  映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。