05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

平清盛 #4「天上の闇討ち」

2012.01.28 (Sat)


大の男が河原でする会話。
(と思ったらまだ二人ともお子様なのね)

皆様思ってると思いますが、いやあ面白いですね「平忠盛」
なんか中井貴一ってほんとこの時代の装束が似合うんだなぁと思いました。平安顔?
戦国武将でも戦争ものでもなく(あ、でも井上成美やったか)平安が似合う。藤原氏なんて似合うと思います。

忠盛もよければ為義もいい!情けないけど一生懸命。
「為朝のためにしてやれることはこれしかない!」あのシーンは心打たれました。そしてその思いに応える為朝。この二人の結末があれなだけに、このシーンは今回超重要シーンでしたね。為朝のキャラ付け、最高だと思います。キャスティングも。

それに比べて、少しまだ成長の遅い清盛。しかし主役ですから、これがいつか押しも押されぬ公家と宮廷美を極めるとあっては、ギャップを出せる俳優として期待は高まるばかり。
半年後にマツケンの評価がどうなってるかがとても楽しみです。
このライバルである源平の二組の親子を軸に持ってくるだけでかなり濃厚なドラマがつくれますからね。
ほんと先がとっても楽しみ~!

そして鳥羽上皇!白河院とたまちゃんが親子なのに関係してるのが許せません。
たまちゃんに「どういうつもりでここにいるんだ」ときいて、「院が望んでいる妃の務めだからでしょ?」と返されてしまいます。
その答えに大ショック。自分でふっといて、そう答えられたら大ショックって、どんだけドMなの!!
三上さん最高。近年まれに見る面白さ。今年の大河は相当面白いです。
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

22:52  |  平清盛  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rustylail.blog64.fc2.com/tb.php/144-203b2f0f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。