10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

悪の経典

2013.03.01 (Fri)

映画でなく、小説のほうです。
「ストロベリーナイト」を貸してくれた先輩が、貸してくれました。

悪の教典 上 (文春文庫)悪の教典 上 (文春文庫)
(2012/08/03)
貴志 祐介

商品詳細を見る


悪の教典 下 (文春文庫)悪の教典 下 (文春文庫)
(2012/08/03)
貴志 祐介

商品詳細を見る


伊藤英明の映画の宣伝を結構派手にやってたので、主人公の蓮見が伊藤英明で脳内で映像化されて読んでました。
イメージぴったりですね。映画は良いキャスティングしたなあ(観てないけど)。

主人公の蓮見は人に共感する能力が欠けているサイコパス。
………あらまあ。

最近このての話に敏感だったため、ちょっと複雑な気分で読み進めます。

上下巻とありますが、エンタティメントとして書き手が素晴らしいので、あっと言う間に読み終わってしまいました。
後半はだれましたが、いろんな思惑が次々と学校内の人間を追いつめていくのは面白かった…。
映像で見て面白いかどうかは別だけど、解説で映画化した三池崇監督が描いていたように、ハスミンは人間の誰もが思っている欲望の権化で、カリスマたりえる人物だと思います。
ただの精神異常者を描くだけではそうは思えない。やっぱり貴志佑介はすごいのだなあ

うーでもやっぱり、映画の殺戮シーンをみる気は…いや、でも見たいような…見たくないような…。

今日の一曲 Mack the knife(三文オペラ)
普通にきいて怖い~
スポンサーサイト
00:19  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rustylail.blog64.fc2.com/tb.php/333-1b4d04e2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。