05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

竜馬がゆく(前半)

2013.04.19 (Fri)

女子会で入ったカフェがとちおとめ祭りでした

moblog_8b52d897.jpg

ショートケーキ大好き

竜馬がゆくを読んでます。今5巻。
近代史好きなので、坂の上の雲で活躍する渋いおじさまたちの、幕末の若いやんちゃな頃が出てきて、なんとも面白い読み方ができています。軍人もそうだけど、自由民権運動系の人たちの若い頃は壮絶だなあ…。板垣退助や後藤象二郎、河野敏鎌、中島信行あたりは近代から入ると、幕末時のイメージとの違いに驚かされます。

司馬遼太郎氏の日本陸軍嫌いはいろんな著書から読み取れますが、陸軍の暴走が「集団ヒステリー」長州藩からきていることが何度も出てくるのは、あらためて根の深さを感じさせられました。なるほどなあ~。

あと、司馬氏のやっぱり発想が面白い。勝海舟が幕末における、稀有な能力を持った人間というのはとてもよくわかるのですが、その表現が「日本におとされたいっぴきの妖精」って!!
司馬遼太郎氏の小説の好きなところは、緻密な史実を調べつつ、独自の視点での人間解釈と絶妙な表現の巧みさ。やっぱり大ファンです。

「長州は個人プレイ」に笑いました

現在5巻まで読了。

あと、竜馬は日本を代表するADHDで有名だそうですが、この小説では完璧に龍馬はADHDでおりょうさんはASにしか見えません(笑)たぶん当事者の方はすぐわかると思うけど、特に恋愛の仕方がガチです。

今日の一曲 サイレントサイレン/sweet pop!
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等 - ジャンル : 小説・文学

23:47  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rustylail.blog64.fc2.com/tb.php/392-39dc41a8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。