06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

竜馬がゆく(後編)

2013.04.28 (Sun)

竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)
(2012/03/13)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


読了です!いやー面白かった。諸藩の人物群像劇と、世界を含む全体を見下ろした現実主義者・竜馬の考え方がとても面白かったです。一介の浪人に誰もが相好を崩し便宜を図ってしまうわけですが、自分の藩の主君、容堂公とだけは、そうもいかん、という、竜馬の境遇の不思議さと回天の偉業とを描くところが上手で、面白かったなあ。

竜馬の女性関係がまたこれ。すっごいよく気持ちがわかるわ…(苦笑)
こういう男の甘えと深くは入り込みたくないという回避性と、そんな男に惚れてしょうがないという女の気持ちも両方。ぶっちゃけ恋愛では幸せになれない人たち
おりょうが竜馬以外から観れば少しも魅力的ではない女性と言われてるのが、このカップルはやっぱりADHDとAS的だなあ…と思います。

明治維新後の日本はまだ、お国柄とでもいうような前藩の意識があるけれど、太平洋戦争で完全な民主主義という維新がなった今、だいぶその意識は薄れているような気がします。でも今がいちばん竜馬のめざした時代なんだよなあと、思うと不思議な感じがしました。

今はテレビ番組で、世界各国の人物が、日本の文化について熱く討論して笑っているわけで、日本人もそれを自然と受け入れてわらっているわけで…つい300年年近く前までは、外人を見たら斬れ!とかやってたのになあ…。不思議なものです。

大政奉還について、「竜馬と慶喜が唯一のふたりだけの同士」という考え方にちょっと感動

今年の大河「八重の桜」は会津藩また女性の視点で維新を眺められるというこれ以上ない作品なので、楽しんで見ていきたいです

今日の一曲 龍馬伝OP/佐藤直記
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等 - ジャンル : 小説・文学

16:16  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rustylail.blog64.fc2.com/tb.php/398-6126edbb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。