04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

モーツァルトとクジラ

2013.04.29 (Mon)

映画と原作とどちらを観ようか、迷っていて、原作のほうがノンフィクションで実際に近いときいて、原作を図書館でかりてきました。アスペ同士の二人の恋愛、というか人生について。

映画はラブストーリーになってたそうですが、原作は恋愛どころではない、もっともっと奥の深い話でした。

モーツァルトとクジラモーツァルトとクジラ
(2007/01)
ジェリー ニューポート、ジョニー ドッド 他

商品詳細を見る


ジェリーはともかく、メアリーの人生が壮絶すぎて、前半は読むの大変でした。
アメリカのヒッピー文化ってほんと怖い。私も文字通り受け取り、その後視覚化して理解するタイプなので、メアリーの壮絶な流転人生がまざまざと映像で想像されて、何度も途中で本を閉じそうになりました。

ジェリーとメアリーの最初の結婚があっという間に破たんするところもリアルだし、復縁してからの深い互いの理解が必要な場面もつらいなぁ…と思うんです。
と同時に、ジェリーとメアリーの、見てもらいたいのに見られたくない、抱きしめてほしいのにしてほしくない、とか行動がすっごいわかるんです。よく考えたら私も人の目を見ることが出来ない!

正直、一読しただけでは、ちょっとつらい印象でした。あの域にいつか達せられるんだろうか。
彼らはわかりやすいサヴァンだけど、軽度の人ってどうすればいいんだろう。

今日の一曲 モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第二番ニ短調
スポンサーサイト
22:11  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rustylail.blog64.fc2.com/tb.php/400-9a536eb6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。