07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

たいようのマキバオー

2010.11.03 (Wed)

みどりのマキバオー続編のたいようのマキバオーを友人に大人借りしました。

舞台は地方競馬、ミドリバキバオーの激闘から10年後、マキバコの最後の仔、ヒノデマキバオー(高知競馬所属)が主人公の物語です。
ミドリも本当に感動する名作なんですが、ヒノデも面白い。つの丸先生は天才だと思います。
週刊プレイボーイで好評連載中。ミドリよりもいろいろとシビアなとこが大人向けなのかな。
経営的に厳しい地方競馬の実態が胸を打ちます。1巻はかなり暗い。

でも、希望をもって走るから、日の出 マキバオー。夢は終わりません。

amazon.jpg cascade.jpg
お父さんになってるサトミアマゾンとカスケード。現役のときから渋かったけど、いっそう
言動に大人の魅力がましていてかっこいい。

サトミアマゾンはミドリのときに船橋競馬から、地方競馬のプライドをかけて中央に参戦。
マキバオーたちと死闘を繰り広げました。今回は彼の息子が、地方の王者としてヒノデマキバオーや
カスケードの子供たちを迎え撃ちます。


dori.jpg
悪役?みたいなキャラのはずのロングテイルドリーの涙。
こっちまでぼろ泣きでした。

ミドリでは外国産のニトロで競馬界の日陰の部分を照らしたつの丸先生ですが、今回は地方とダートを真正面から取り扱っているのでかなり読んでいて心情的にはしんどいものもあります。
大人向けのマキバオー。相変わらず心をつかんでくる面白い漫画です。

今日の一曲 RADWIMPS/夢番地
僕が立っている場所は誰かがのぞんでいる場所で、僕の夢は誰かが叶えてくれてる。
そう思って生きていける……にはまだ私はこどもだなあ。 
スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

22:58  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rustylail.blog64.fc2.com/tb.php/93-43c860cf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。