04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

刀語

2013.06.29 (Sat)

深夜にアニメの再放送がやっていて、毎週楽しみにみていました。
今週ついに最終回。なんとなくあらすじは知っていましたが、なんとまあこういう風にまとめるのか~と、とても面白かったです。

大河アニメ刀語ビジュアルブック (講談社BOX)大河アニメ刀語ビジュアルブック (講談社BOX)
(2011/04/07)
講談社BOX

商品詳細を見る


原作は、私が就職する前に本屋でバイトしていたころ、大河ノベルとして発売されていました。確か清涼院流水さんと。装丁がしっかりしてるなあーと思った記憶が。
でも西尾維新かー西尾維新なら森博嗣だよなあーと変なライトノベルへの抵抗があって読んだことがありませんでした。ので、アニメが初です。結局文章は今も読んだことがない。

でもビジュアル的には気になってたし、アニメも音やテンポがすごく良かったので(ちょっと独特の台詞まわしは長いなーと多々思ったけどw)また設定も好みだったせいで、毎週わくわくしてしまいました。

最近のアニメはよくわからんので、どの作品のキャラも同じ顔と設定に見えるし…

話は、権力への抵抗に復讐、感情が芽生えてのラブコメ、出会いと別れ、バトル、アイテム収集もの、とまあ王道といえば王道の作りであるのですが、それがこんなにも斬新に移るのかとちょっと思いました。
やっぱり最近の妙にタイトルの長い傾向のアニメ群と違って「刀語」と二文字であるだけでも新鮮だったし(笑)
まあ再放送だからこっちが古いのだと思うけど。

七花のキャラクターがとても良かった。最終回はかっこよかったです。
男の人は単純だなー、バカだなー(かわいい)と思うことが多々ですが、(テラフォーマーズでも書いたか!)本気になって悟った男の人は、とても頼もしくて止められなくて、女の手にはどうにもならなくなる。

あの状態になった七花ととがめのやりとりを見てみたかったです。

賛否両論あるらしいラスト、七花と否定姫ですが、私は至極納得感動すらしました。
識崎ききと深い因縁を持つふたりが、解放されて己の道を行く…それにはとがめと右衛門左衛門という大切な二人がいて、時代の流れで彼女らは消えていったけど、彼女らがいなければ、この二人がこうすることもなかった…
だが、七花と否定姫がいなければ、彼女らがこうした運命に立ち向かうこともなかった…

切なさもあり、無常さもあり、ぴったりのラストだったと思います。
まにわにもビジュアルがかっこよかったなー。というか、かなりビジュアルと音楽が良かったです。
竹さん素敵!主題歌も和風ロックでいいですね。

いやー久々にいいアニメ見させていただきました。

今日の一曲 supersell/拍手喝采歌合
12:09  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

八重の桜 #25 白虎隊出陣

2013.06.23 (Sun)

ラスト・シンデレラの最終回とその1つ前の録画を見てて、年甲斐もなくじんわりきてたら、
八重の桜は悲壮極まる回に突入しておりました。

先週、二本松少年隊の回は落語を見に出かけていて見れなかったんですよね…
ついに、政府軍が会津領内に侵攻です。

男たちが城に集められて、八重が「私もつれてってください。三郎の仇を討つ!」と叫ぶところから、最後までずっと涙がでずっぱりでした。

泣きながらも、ツッコミせずにいられないのが、私クオリティなんですが(ツッコミしてるのに、涙腺崩壊してる、が正しいのかも知れない…)なぜこの感動する場面で、山本父の見送りはあるのに、尚之助様とのお別れはきちんとしないの??

というか、今回尚之助様ほぼ台詞なかったような…
今生の別れになってたらどうするの~!!

白虎隊の出陣と、おしくらまんじゅうも見てて切なくなります…彼らの悲しい見せ場は来週か。

そうこうしてるうちに、八重たち女性もお城に参集することに。
奉公人のふたりと別れる間際のやりとりにも泣けました。古き良き日本。家族以外の者たちも一つ屋根の下でみんなでわいわい暮らす。核家族だったり一人暮らしだったり、お隣さんは知らない人だったり、さみしがり屋の私は昔のこういう暮らしに結構本気で憧れてたりします。

家も片付け、小さいころからずっと関わっていた鉄砲場に「今までありがとう」という八重。回想シーンには、うるっときました。祖父や祖母の時代に、大切な人が戦争に行ってしまうときや、自分たちも離れなくちゃならない、逆らえない悲しみの中の緊迫した雰囲気ってこういう感じだったんだろうなあ…。

そして母も驚く男装へ。この装備の仕方の演出が、なんかすごく気合いが入ってて、もうこれは完全にバトルものとして八重を描く気満々のNHKの心意気が伝わってきます。

悲劇性より何よりそっちのわくわく感のがなにか画面から感じられちゃってちょっと微妙だなー

でも新しい試みだと思うので、楽しみなのもほんとです。
大蔵とからんで欲しい…無理かなあ。

して、容保様。相変わらず部下のいうことはあまりお聞きになりませぬ…。
兄上もちらっとだけ、やっと医者に見せて外に出られそうな感じ。
あと、このドラマの斉藤一はとても人間くさくていいなあ。無口だけど熱いまっすぐな男。
村上さんの土方もいい。でもやっぱり村上さんの演技がたまに、山本耕史っぽく見えるのは私だけ??
ぱっと見も似てないですか??

そうそう今回は八重周辺がメインで、新政府軍はちらっとだけでしたが、シャグマってやっぱ変カッコイイ!
(キモかっこいいみたいな、感じで、変だけどなにかカッコイイという意味です・笑)

来週こそ涙で前が見えない…みたいになりそうでがくぶる。

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜 - ジャンル : テレビ・ラジオ

22:30  |  八重の桜  |  Trackback(4)  |  Comment(0)

テラフォーマーズ

2013.06.22 (Sat)

研修仲間の方に、面白いから読んでみな~と言われて読んでみました。
例のアレと戦う話ってのは知っていたので、ちょっと躊躇したものの、勇気を出してえいやっと読んでみた結果。

めっちゃ面白かったです

しかも感動する。

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/04/19)
橘 賢一

商品詳細を見る


バトルあり、ラブあり、謎あり、恐怖ありのSFマンガ。
最初は例のアレの進化した形に、おえおえなってたんですが、慣れるもんだね、じょうじ。
昆虫の能力を駆使したバトルマンガってなるほど、ありそうで無かったなあ~と思っていたんですが、それにからめた人間ドラマにもやられました。

特にアドルフ・ラインハルトにきゅんきゅんしました。
だからこそ嫁ぇ…お前はぁ…

メインで登場する男性陣はみんな大切な女性と何かしらの別れを経験してることもあり、また純粋に女の子に対してオバカというかなんというか、女性目線でみると、本当に愛しい男たちです。

ほんとに、みんな幸せをつかんでほしい~!!(アドさんのぶんまで

火星の謎、地球の陰謀、キャラの能力、マーズランキング、わくわくするしかけがいっぱい。
続きがすごく楽しみです。

しかし、昆虫って怖いぐらい能力あるんですね…
サイズがちっこくて良かった…

今日の一曲 サカナクション/aoi

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

16:02  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

2013.06.15 (Sat)

ふとしたきっかけで読むことができました。
村上春樹作品にしては、とっても読みやすくてさくさくいきました。

相変わらず、謎は残るけど、読後感はとてもさわやか。
私はこの作品好きです。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
(2013/04/12)
村上 春樹

商品詳細を見る


色彩を持たないというのはどういうことか、これは比較的わかりやすいと思います。

色彩がない、これに共感する人多いんじゃないかなー。そしてそのまま生きていく人、現代人には多いといわれるんじゃないでしょうか。まあ呼び名はどうにもなりませんが。
この件に関しては、ストレートに、作者が「からっぽなんかじゃない」と色彩を持たないと思っている主人公を励ましているのがちょっと意外でしたが、すごい良かったです。
その手法が勇気を出して過去に向き合う、巡礼する、というこれまたストレートシンプル。でもそれで、ずっとずっと生きやすくなる現代人はやっぱりまた多いと思うのです。

勇気を出して、投げ出して、向き合ったその先に何があるかはわからない。
簡単にガールフレンドとハッピーエンドになるとは限らないのがそこは文芸小説なわけですが…。

残された灰田君と例の犯人の謎ですが。
謎解きをしているサイトがあって目から鱗。おおー。

でも犯人についてはあまり気にならない。つくるくんの成長と、彼らの仲間の成長にほろりと思わされ、時間の流れと許すことの奥深さにほろりとさせられたので。

まあ、オサレ小説に変わりはないいんですが、面白かったです!

今日の一曲 くるり / ばらの花
「安心な僕らは旅に出ようぜ」極限状態でこれきいたら仕事放り出して逃亡してしまいそうです。
でも周りに迷惑をかけちゃいけないという、大人に、 だいたいの人 が育ったから社会はなりたっています。

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

00:09  |  読んだ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

フォレスト・ガンプ

2013.06.13 (Thu)

フォレスト・ガンプ。言わずとしれた名作です。

ふと見たくなって、借りてきました。

一番最初に読んだのは小学生のときに小説を。(これと、ライ麦畑を同時に図書館で借りたのをよく覚えてる)
その後、テレビ番組を録画したのだけど、なんか忘れてしまい…



ものすごく新鮮な気持ちで見ました。

いやートムハンクス、変わらないわ~。すごい俳優さんですね。
走る、とベトナム戦争と、エビ漁船、てのはずっと覚えてたんですけど、………
卓球とジェニーのことは忘れてました。

ジェニーって最後そうだったんだ、とちょっとショック。
普通に大団円のハッピーエンドだと思ってた。

大人になって観たからか、なんかすごく、主人公ガンプのひたむきさに心打たれ、ダン中尉の悔しさや、上手に生きれないジェニーの生きざまにすごく共感。

人生ってなんなんだろう、って思ったときに、とりあえずそのまま、心のままに、信じたい人の言葉のその通りに生きていけばいいのかなって、ふっと心の荷物を軽くしてくれる名作でした。

そういう人生をアメリカの名場面をちりばめて描く、ロバート・ゼメキス監督はやっぱりこの作品が最高ですなあ。
この作品も何度も何度もみたくなる作品です。

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

23:25  |  映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。